header_logo.gif

富士宮市万野原新田の住宅会社  株式会社大正建設


お問い合わせ■TEL 0544-22-1456 

SE構法性能報告書

SE構法で建築された住宅には、建築を管理するSE構法施工管理技士本人の手によって、施工状況の証拠写真ならびに施工チェックシートによる「構造検査報告書」の提出が義務づけられています。

その構造検査に合格した物件には「SE構法性能報告書」が提出されます。
建物の層間変形角や偏心率、剛性率など、一般木造住宅では表示できない構造性能を表示しています。

全物件「瑕疵担保保険」に加入

平成21年10月1日から、「住宅瑕疵担保履行法」という法律がスタートしています。
これは、新築住宅を供給する事業者に対して、瑕疵の補修等が確実に行なわれるよう、保険加入または保証金の供託を義務付ける法律です。
この法律により、住宅の販売業者や建設業者が万が一倒産しても、住宅の欠陥の補修や建て替えの資金をお客さまが全額負担をする事態を避けることができます。

きっかけは、あの「耐震偽装事件」。

これまでも、住宅に欠陥が見つかった場合は建築業者が補修や建て替えの責任を負う法律がありましたが、業者が倒産した場合の対応までは定めていませんでした。
そして、姉歯一級建築士らによるマンション耐震偽装事件が起こりました。
ご存知の通り事業者が倒産してしまったため、補修や建て替えにかかる費用が住民の肩にのしかかり、二重ローンの苦しむことになってしまいました。
今回の「履行法」により、業者が倒産しても無事に補償されるようになります。